視察旅行

成功への第一歩を!

インドのビジネスの可能性を一緒に検討し、展開の可能性についてのアドバイスを得ることができます。

インドビジネスにおけるリスクについても、情報を得ることで、成功する方向に近づけて行けます。

通り一遍ではなく、中身をよく吟味して可能性を出していけます。

WANTS INDIAが提供する視察旅行の特徴

複数社まとめてのツアーと異なり、貴社だけのツアーを段取りをおこないます。

御社の製品・サービスに合わせた旅程をアレンジを行い、旅程に無駄がなく、本当に見たいものが見れます。

知りたいことを連絡ください。それに対する回答が得られる視察を提案して行きます。

また、必要に応じてではありますが、提携パートナーになる可能性のある企業とのミーティングの設定も対応致します。

コンサルタントからのメッセージ

インドは、連邦国家のような国です。インド国内には29の州があり、独立して行政を行っています。地方政府の権限が強い国です。

それは、人口が12億人という多くの人がおり、民族も異なり言葉も異なる。共通語は英語という壮大な国です。その感覚は、日本人にはすぐには理解できないものです。

先ずは、一度インドの空気に触れてみる。インドの人と触れてみる。インドの街を見てみる。

それが、先ずインドを理解するうえでの第一歩です。

しかし、上記の様にインドは多様性と奥深さがあります。考え方や宗教観など、インド独特のものがあります。それらを出来るだけ多く考慮しながら短期間にインドを理解していく、お役に立ちたいと思います。

そして、インドに進出を考えておられる方の必要と考えられているテーマを併せて探っていく、研究していく。そのことから始めて、次にどういう問題点があるか。実際インドは、多くの難問があります。

それらは単に駐在するだけでは、分からない部分も多くあります。それを紐解きながら対応策を考えて行く。こういうアプローチがインド進出には有益です。

我々は、出来るだけ短い時間で、お客様の必要な、お客様に有益な方法を提案して行く事をモットーに進めて行きたいと考えています。
その第一歩が視察です。すべては、現地現場にあります。先ずはそこに立ってから始まります。

そして、市場を見ることです。どういうユーザーがいるのか、或いはどういう販売店があるのか、どういう商品が並んでいるのか、価格帯はどうなのか、ユーザーの嗜好はどうなのか、価値観はどうなのか。

これらの答えは現場にあります。先ずは、現場に来ることから始まります。そして、現場を多く案内して行くことからご協力させて頂きます。

お問合せフォーム

コンサルティングフォーム