よくあるお問合せ

会社設立について

費用はどれくらいかかりますか?

大手では、会社設立費用が100万円~200万円程度かかりますが、我々は、格別の値段で承ります。

設立期間はどれくらいかかるか?

最短で2か月から3か月程度 (資料提供の時間によって変わってきます)

インドビジネスの難しさについて

インド市場の価格帯はどうですか。

インドの市場は、他の国と比較して安い商品が多い市場です。安い商品中心の国である為、利益を出していくのは難しい市場です。

従って、ある程度の規模が必要になります。コストを押さえつつ損益分岐点以上の売り上げにもっていく事が重要です。

そのためには、ある程度の割り切りが必要になります。多くの企業が、インド仕様の設計を行ってきています。ある程度の品質や機能は割り切って、インド人が手の届くところに商品を持っていく事が重要です。

また、それ以上に、インド人とビジネスを行って行く上での信頼性の問題があります。

インド人との付き合い方について教えて下さい。

インドの人は、よく言われますが、平気でうそをつきます。また、コロコロ変わります。この様な人たちを、相手にビジネスを行って行くという事は大変な事です。

従って、従業員を雇う場合でも、ビジネス相手を見つけて行く場合でも、インド人の選別が非常に重要になってきます。

インド参入にする上での情報入手方法について

情報の入手手段はどういう方法がありますか。

インドの情報を入手する手段としては、一つはコンサルティング会社を使う。

それ以外としては、基本情報は、JETROであるとか、日系の銀行から入手するなどの方法が一般的です。

インドの生活について

インドでの食生活について教えてください。

インドにおける生活は、日本人とって非常に厳しいものがあります。インドにおける生活は、日本人とって非常に厳しいものがあります。

1つは、食事の問題です。インド人は50%程度の人がベジタリアンですので、肉や魚の入手が非常に難しいという事です。

また、日本食レストランも地域によって異なりますが、まだまだ少ないので、苦労をします。

インドでの楽しみについて教えてください。

インドには娯楽が非常に少ないです。宗教的に要素も多いのですが、お酒を飲む習慣もあまり無い為、さらに、インドには娯楽が非常に少ないです。宗教的に要素も多いのですが、お酒を飲む習慣もあまり無い為、日本人が生活して行くには、難しい国であります。

日本人が生活して行くには、難しい国であります。

駐在する場合はどの場所が良いですか。

インドの商売の中心は、ムンバイです。インドの商売の中心は、ムンバイです。

しかし、インドは、ムンバイ以外に多くの都市が点在します。州の数も現在29州になっているので、ムンバイ以外もビジネス展開を行って行く事が重要です。

また、製造業としては、デリー周辺は、スズキやホンダなどが早く進出していますので、デリー周辺は、スズキやホンダなどが早く進出していますので、それに関連する製造業が多く進出しています。

それによって、日本人の数が他のインドの地域と比べるとデリー周辺が圧倒的に多くなっています。

更に、デリー周辺は、インドの法人の本社機能を持った会社が多い為、色々な情報入手が得られます。

また、生活面でも、食事関係を含め、デリー周辺は他の地域よりは、良い環境になります。

こういう環境面や、日本企業の多さなども、進出地域を決めて行く場合の考慮するポイントです。

お問合せフォーム

コンサルティングフォーム